【体験談】関西国際空港の国内線ANA LOUNGEを徹底解剖してみた

スポンサーリンク




関西の空の玄関口である、関西国際空港にある国内線用ANA LOUNGEをレポートします。

関空と聞くと、国際線のイメージが強い印象がありますが、国内線も羽田空港へ昼間の便があるなど、使い方次第では便利な空港となります。

また、関空の大きな特徴が「国内線に人が少ないこと」です。

わざわざ、伊丹空港ではなく、関西国際空港を選んで国内線を利用する人は、

  • 乗り継ぎ客
  • マニア

のどちらかしかいませんw

私はSFC修行のために、株主優待でプレミアムクラスを利用するという理由で関西国際空港へ訪れました。

関空国内線のANAラウンジを使う!という方は、ぜひ最後までご覧ください。

関西国際空港国内線ANA LOUNGEの場所

関西国際空港国内線のANA LOUNGEはわかりにくい場所にあります。

まず、関空の2階にある国内線出発ロビーの北側保安検査場を目指しましょう。

北側保安検査場を抜けると、すぐ右側にANA LOUNGEが位置しています。

気づかずに進んでしまうと電光案内板へと突き当たりますが、振り返るとこちらの看板が出ています。

矢印に従い、狭い通路を進むと、ANA LOUNGEの入り口が現れます。

自動ドアを抜けると、すぐに受付がありますので、スタッフへ手続きを済ませましょう。

場所の案内は以上です!

まとめますと、

  • 北側の保安検査場を通過しよう
  • 抜けたらすぐに右側の小道へ進もう

こちらで分かりにくい関西国際空港の国内線ANA LOUNGEへ到着します。

関西国際空港国内線ANA LOUNGEの設備

次に関西国際空港国内線のANA LOUNGEにある設備をご紹介します。

  • アルコール飲料の充実度
  • ノンアルコール飲料の充実度
  • 軽食の有無
  • お手洗いの清潔さ
  • ラウンジの広さ

こちらの順番でご紹介していきます。

アルコールの充実度

まず、男性利用者にとって気になるがアルコールの充実度ですよね。

関西国際空港国内線のANA LOUNGEには次のアルコールが用意されています。

  • 生ビール(アサヒスーパードライ)
  • 焼酎
  • ウイスキー

生ビールは全自動サーバーが用意されているため、真横にある冷蔵庫からグラスを取れば、すぐに飲むことができます。

また焼酎については、サーバーとセルフサービスが用意されているため、それぞれの好みに合わせた飲み方を楽しむこともできます。

氷も併設されているので、ロックで楽しむこともできますね!

ノンアルコールの充実度

次に、ノンアルコール飲料をご紹介します。

ノンアルコール飲料は充実しており、

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 青汁
  • 野菜ジュース
  • トマトジュース
  • 牛乳

などが用意されています。

コーヒー類については、コーヒーメーカーが設置されているため、好みの飲み方で楽しめます。

また、青汁はサーバーで管理されており、その他のソフトドリンクは専用機または冷蔵庫に準備されています。

軽食の有無

ラウンジと聞くと軽食を期待してしまいますよね。

残念ながら海外のラウンジのような、パンや軽食は用意されていません。

唯一の軽食として、「おつまみ」が用意されています。

こちらはコーヒーメーカーとソフトドリンク専用機の間、壁に立てかけられていますので、探してみてください。

お手洗いの清潔さ

ラウンジはゆったりと過ごすため、お手洗いも気になるところですよね。

筆者が男性であるため、男性用トイレだけのご紹介となりますが、かなり清潔で使いやすい環境になっています。

当然ではありますが、シャワートイレ付きですので、ご安心ください。

ラウンジの広さ

最後に、ANA LOUNGEの広さをご紹介します。

受付を通過すると、細めの通路があり、奥に進むと左側に広いラウンジとなっています。

パソコンを使用する場合は右側の机スペースを活用しましょう。

関西国際空港国内線ANA LOUNGEのアメニティ

ANA LOUNGEはアメニティも充実しています。

今回は「新聞・雑誌」と「充電器などのレンタル」「Wi-Fi」を取り上げます。

新聞・雑誌

当然ですが、当日の新聞は各紙が取り揃えられてます。

また、雑誌についても経済雑誌やファッション雑誌などが準備されています。

どちらかと言えば、男性用の雑誌が多いため、女性の方は過度な期待をしないことをおすすめします。

充電器などのレンタル

受付では充電器のレンタルが準備されています。

スマートフォンの充電器がメインではありますが、充電器を利用したい場合は受付に声をかけましょう。

搭乗券を求められるため、持参することを忘れないでください。

ラウンジ内でのWi-Fi

ANA LOUNGEではWi-Fiを利用することができます。

ただし、パスワードがかけられていない通信のため、機密情報の管理などには十分注意しましょう。

関西国際空港国内線ANA LOUNGEの混雑度

ANA LOUNGEは大阪伊丹空港などの国内線ハブ空港と比べると混雑していません。

そもそも、昼間の便は数時間に1本のため、直後の便を利用する人がラウンジを利用しています。

そのため、満席になることは想定しづらく、快適な時間を過ごすことができます。

早めに保安検査を通過して、ANA LOUNGEでゆったりと過ごすことをおすすめします。

さいごに

今回は関西国際空港の国内線にあるANA LOUNGEをご紹介しました。

関西の空の玄関口でありながら、国内線が主力でない関空は国内線に「落ち着き」があります。

お正月やゴールデンウィークなどの繁忙期でも、国内線の待合室やラウンジにはゆったりとした空気が流れているため、騒がしい雰囲気が苦手な方にはおすすめです。

関空の国内線を利用するあなたにとって少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です