【ANA17便/416便】搭乗体験記|1時間の遅延で始まった関西日帰り旅

スポンサーリンク




SFC修行を兼ねて、東京から地元である神戸へ日帰りをしてきました。

往路は羽田空港から大阪・伊丹空港へと飛び、神戸空港からの最終便に乗り、羽田空港へと戻るルートを採用しました。

羽田〜神戸便は朝一と夜の最後しか、フライトが設定されていないため神戸市民は寂しい限りですね。。。

今回は往路でトラブルに巻き込まれてしまいました。。。

その他、特にトピックがないエコノミークラスの旅ですが、最後までぜひご覧ください。

往路|ANA17便:遅延で1日がスタート

往路で利用したのは、羽田空港発のANA17便です。

約1時間で大阪の空の玄関口である伊丹空港へとフライトとなります。。。

意気揚々と久しぶりの羽田空港出発ロビーへと向かい、早めの到着となったわけですが。。。

8時30分ごろの画面がこちらのように、何も問題がありませんでした。。。

しかし。。。

時間が近づいて、確認してみると「遅延」の文字がっ!

出発ゲートも変更になっていました。。。

どうやら、この日の大阪は早朝から大気が不安定となっており、17便で使用する機体の出発が遅れてしまったようです。。。

使用機材の到着遅れの影響をモロに受けてしまいました。

遅延はなんと「45分」に及びました。

このフライトを出発点として神戸で予定を組んでいたので、止むを得ず1つ目の予定をキャンセルすることとなってしまいました。。。

ちなみに、使用機材はB787で、エコノミークラスでも「3-3-3シート」を採用しているため、空間に広さやゆったり感がありました。

少し落胆した気持ちで伊丹空港へと降り立ちました。

大改修を終えた伊丹空港をレポートできず

先ほども述べた通り、約1時間の遅延で降り立った伊丹空港。

実は、伊丹空港は大きな改修を終えたばかりってご存知ですよね。。。w

本当はゆっくりと伊丹空港に関するレポートもまとめたかったのですが、今回は断念となりました。。。

走り抜けた到着ロビーは「別の空港」かと思わせるほど、綺麗になっていました。

さらに、到着口は1つにまとめられており、リムジンバスへのアクセスも改善されていました!

伊丹空港が綺麗になっているなんて、なんとなく時代の移り変わりを感じてしまいますねw

復路|ANA416便:かぼすハイボールで乾杯

さて。復路は神戸空港から羽田空港へと戻る最終便「416便」を利用しました。

1時間ほど前に到着したので、そそくさと保安検査場を通過して、出発ロビーにある「カードラウンジ」へと向かいます。

神戸空港のカードラウンジについては、こちらの記事にて詳しく解説させていただきました!

ぜひご覧ください。

リンク:神戸空港ラウンジ(準備中)

神戸空港から戻る416便はANAウィングスが運営していますw

使用機材もB737-800となっており、小さな機材です。

エコノミークラスは3-3シートなため、かなり狭い機内!って感じを与えてしまいますよね。。。

この日は1日、動き回ったので、自分へのご褒美として有料販売されている「かぼすハイボール」を頼みましたw

機内で頼む有料アルコールは気分が良いですよねw

美味しいお酒を飲みながら、羽田へと降り立ち、1日のフライト旅が終了となりました。。。

獲得プレミアムポイントまとめ

今回のフライトで獲得したプレミアムポイントは次の通りです。

  • ANA17便:820PP
  • ANA416便:820PP

往路は「バリュー1L」、復路は「株主優待」を使ったため、PPも多く獲得できております!

これで2019年の合計PPは3,440PPとなりました。

次回フライトも羽田〜神戸の往復となりますw

次は違う場所へフライトしたいな〜。

ではまた!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です